主に、「お笑い」「ボードゲーム」「フリーランス」「プログラミング」「音楽」を更新しています。

簡単で盛り上がるゲーム「コヨーテ」の紹介【ボードゲーム】

ボードゲーム
ゲーム名:コヨーテ プレイ人数:2~10人 プレイ時間15~30分 難易度:簡単
本日はボードゲーム「コヨーテ」について紹介していきます!

コヨーテ 概要

コヨーテは少人数から大人数までプレーすることができるカードゲームです。 自分のカードを見ることはできず、相手のカードを見ながら場にあるコヨーテの数がどのくらいか予想しながら行うゲームです。 自分のカードが見えないドキドキ感と、場の雰囲気から合計数を推理するのが楽しいゲームです。

遊び方 ルール

準備

額にカードをかざし、自分のカードが見えないようにします。 それぞれが額にかざしたカードの中に描かれているコヨーテの合計数を推理して、数字を宣言します。

スタートプレイヤー

最初の人は1以上の数字を宣言し、次の人に移ります。

次のプレイヤー

ターンが回ってきた次の人はどちらかの行動がとれます。 ①前の人のカウントが場の合計より上と思った場合は「コヨーテ!」と宣言します。 ②前の人のカウントが場の合計より下回っていると思ったら、その数字に1以上を加えた数を宣言します。 このようにして次の人に回っていき、徐々にカウントアップさせていきます。 この場の合計数より宣言された数が上だなと思ったときに「コヨーテ」と宣言して勝敗を決めます。

コヨーテ宣言後の処理

「コヨーテ」と宣言した場合、宣言した人と一つ前のプレイヤーの勝負になります。 もしこの時、場の数が宣言数より下の場合はコヨーテを行ったプレイヤーが負け。 場の数が宣言数より上回っていた場合はコヨーテ宣言の一つ前プレイヤーが負けとなります。

負けの場合

負けの場合ライフが一つ減ります。 ライフはスタート時点では2ずつあり、ライフがなくなると脱落になります。

次のゲームに移る場合

プレー中に特殊カード「0」が含まれていた場合のみすべてのカードをシャッフルしてあらたに山札とします。 「0」がない場合、使われたカードを捨て札に映して次のラウンドには使用しません。 0が出ない限り、シャッフルされないので、後半は暗記力も武器になると思います。

勝者は

最後まで残っていた人が勝者になります。

カードの種類

カードはノーマルカードと特殊カードにわかれています。 説明書から引用させていただきます。

プレーした感想

カードが見えず、相手のカードを見るため、いいコミュニケーションにもなるゲームだと思いました。 脱落してもはたからプレーを見守るのもおもしろいゲームです。 子供も楽しむことができるので、娘が大きくなったら一緒に家族で遊びたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました