主に、「お笑い」「ボードゲーム」「フリーランス」「プログラミング」「音楽」を更新しています。

「あつめ邪神」 邪神を集めて勝利を目指せ!【ボードゲーム】

ボードゲーム
ボードゲーム「あつめ邪神」を紹介していきます。 子供から大人まで手軽に楽しめるゲームです。

遊び方

準備(セットアップ)

0〜5の儀式カードを手札にもちスタートします。 邪神カードと陰謀カードをひとまとめにしシャッフルして山札にします。 狂気カードを人数+1枚を場にセットします。(例)2人プレーの時には3枚を表にして場に並べます

ターンの流れ

①邪神カード補充

ターンのはじめに邪神カードを場に5列セットします。 1ターン目:2枚ずつ5列で邪神カードを並べます。 2ターン目以降:列に1枚ずつ邪神カードを追加します。追加し終えた際に1枚しかない列はもう1枚加えます。

②ラウンドカード公開

ターンのはじめにラウンドカードを公開します。 このラウンドで発動されるカードで、ラウンドごとに制約が課されます。 「○○の儀式カードはこのラウンド使えない」などのルールが適用されます。

③対決 邪神カード取得

プレイヤーは手札から儀式カードを選択して場に裏向きでセットします。 全員揃ったら表を向け儀式カードの数が多い順に邪神カード列から1列選んでその列のすべてのカードを取ります。
・数がかぶったプレイヤーはカードを取ることができません。 ・2人プレイヤーで差が1の場合、低いほうが先に取ります。
この時、儀式カードは場の脇の方に出したままにして今後使えなくなります。
0を出した場合は、場においている儀式カードを全て手札に加えて再度使えるようになります。

ラウンド終了後 次のラウンドの準備

ラウンド終了後、次のラウンドに進みます。 ラウンドカード公開と列にカード補充を行います。 ①②に戻り、③で対戦を行うを8ラウンド繰り返します。

ゲーム終了

8ラウンド目が終わったらゲーム終了です。 取った邪神カードと狂気カードの点数の合計が多い人が勝利します。 同点の場合は集めた邪神カードの枚数が多い人が勝利します。 それも同じ場合は引き分けとなります。

特殊カード

邪神カード以外の特殊なカードがあります。 ゲームの運命を左右する重要なカードです。

陰謀カード

陰謀カードを取った場合、それ以降のラウンドで、そのカードに書かれているタイミングでそのカードを使い、指定の効果を得ることができます。その後、使った陰謀カードはゲーム中には使用できないため除外してください。 陰謀かーぢは取ったラウンド中には使えません。

狂気カード

ラウンド中に、列から邪神カードを取った時に、場にでている狂気カードを1枚選んで取ることができます。その際、そのカードに書かれている邪神カードを全てを、これまでに取得した邪神カード(指定枚数分)を捨てます。 取った狂気カードは自分の前に表向きにおいておきます。 狂気カードは1枚のみ取ることができます。ただし、複数のラウンドで各1枚ずつ狂気カードを取ることは可能です。

選択ルール

ゲームに慣れると選択ルールという追加できるルールがあります。 ゲームをより楽しみたい場合取り入れ見てください。

秘密目的カード

秘密目的カードをゲームが始まる前にランダムで各プレーヤーに1枚ずつ配ります。 秘密目的カードは自分のみ確認できるようにします。 ゲーム終了時に、自分の点数に秘密目的カードの点数を追加します。

儀式カードの持ち越し

列を取れなかったプレイヤーが次のラウンドに有利になるルールです。 他人と同じ数を出して邪神の列が取れなかった場合、その儀式カードを自分の前に表向きに残します。次のラウンドでは、新たに出したカードの数に前に残っている儀式カードの数を合計した合計数が自分の出した数になります。 これにより邪神の列が取れた場合、前にでていたカードも含め表向きの全てのカードを脇におきます。 「0暗躍」を出した場合、前のカードも脇のカードも含めて、全て手札に加えます。

邪神の顕現

各プレイヤーが取った邪神カードは公開したままにします。 ゲーム中、誰がどの邪神を何枚取ったかはいつでも確認できます。

プレーした感想

妻と一戦しました。 ルールもそこまで難しくはないため、すぐに把握してプレーすることができました。 子供ともできそうなルールやカードイラストの可愛さがありますので、娘が大きくなったら、また姪っ子ちゃんとボードゲームできる時はプレーしたいと思いました。 価格も1000円くらいでリーズナブルですので、下記のリンクから購入してみてください。 あつめ邪神購入 商品を見る
タイトルとURLをコピーしました