主に、「お笑い」「ボードゲーム」「フリーランス」「プログラミング」「音楽」を更新しています。

リモートワーク(テレワーク・在宅)になってみてのメリットと感想

フリーランス
こんにちは コロナウィルスがいろんなところに影響を及ぼしている中、仕事もテレワーク・リモートワークに移行している方も多いのではないでしょうか? 私もフリーランスエンジニアになりいつかはリモートワークをやってみたいなと思っていましたが思わぬ方向で実現してしまいました。 今日はリモートワークのメリット・良い点をお伝えしていきます。 これを機に日本もリモートワークが増えていけばなと思っています!  

リモートワークのメリット

リモートワークのメリットを紹介していきます。 基本デメリットよりメリットの方が多いかなと思っています。

通勤時間がなくなる

自宅が作業場所になるため、通勤時間というものがなくなります。 都内だと片道1時間とかはざらにありますので、それがなくなれば往復2時間が浮いて好きなことに時間を使うことができるようになります。

服装を気にしなくて良い

家で作業するため、Skypeでのチャット会議などない場合、服装は何を着てもOKです。よって、服を選んだり、着る時間の短縮がはかれます。

音楽を聞きながら作業ができる

こちらも著しく監視される体制でない場合、許容されます。 エンジニアは現場によってはイヤホンで音楽を聴くのがOKなところもありますが、今の現場ではそれがよしとされていないため、リモートワークでは音楽を聞きながら集中して作業をすることができます。

定期代 通勤費がかからない

フリーランスエンジニアの場合は通勤用の定期券は自費で払わないといけないため、通勤の定期代がかからないのもありがたいです。現場によっては1万円くらいするため、その費用が浮けば、お小遣い気分にもなれます。

雨天も関係ない

雨の日だと傘を持って、電車の中でも気にしながら移動。会社についても…(以下略) というふうに雨の日は結構めんどくさい手続きが多いです。自宅の仕事ですので、雨天も気にせず行えます。

自分にあった環境で作業ができる

部屋を作業しやすい環境にすることができます。 会社だと思いのままにデスクをいじることができませんので、自宅での作業に軍配があがります。

個人的に感じたメリット

個人的に感じたメリットも少しあげておきます。 ※あくまで個人的意見ですので当てはまらない方も多いかと思います。

朝風呂がなくてもいい

朝は寝癖を直すためにもシャワーを浴びて家をでますが、その必要がなくなりました。

トイレが近い

オフィスによってはトイレまでの距離が遠く時間をロスしてしまうこともあります。自宅だとすぐ近くにありますし、席を立ったり座ったりで周りの方を邪魔することもなくなります。

子守に参加できる

ほんの少しの時間に、息抜きもかねて子供の面倒を見ることができます。 人によっては部屋にバウンサーを設置すればパソコン作業しながら見守ることができるかもしれませんね。

昼のカフェ代がかからない

昼休憩にオフィスにいるのが嫌で、マックに行ったりスタバに行ったりしていましたが、家だとそれがいらなくなるためお金が毎日浮くようになりました。

デメリット

一応デメリットと思われる部分もあげておきます。 こちらは他の方がおっしゃっていた意見をピックアップします。僕はあまり気にならない部分でもあります。

仕事とプライベートの境が難しくなる

家で仕事を行っていますので、仕事とプライベートの境が微妙になることもあります。メリハリをもって、作業スペースをわかりやすくわけるなど工夫したらよいかと思います。

会社の人とのコミニュケーションが難しい場合も

コミニュケーションを取るときに直接話して作業を進めていきたいと思う場合もありますね。ツールや電話を駆使してなんとか乗り切っていますが、実際に対面で話した方が早い場合もありますが、そこまでの支障ではないためよしとしています。  

まとめ

リモートワークになって思ったようにメリットがたくさんあり、楽しく仕事ができています。 日本は海外に比べて遅れているとよく言われています。 どうか日本にリモートワークが増えますようにと願ってやみません。    
タイトルとURLをコピーしました