よろずメモへようこそ

ベルトを変えて少し生活が変わった(楽になった)話

ライフハック

最近、ベルトがボロボロになり、新しいベルトを買おうと思い、Amazonを覗いた。

いつもどおりレビュー順にならべていくつか見ている中で気になったベルトがあった。

調べると「ラチェット式」と呼ぶそうですね。

 

このラチェット式ベルトがとても良かったので紹介します。

ラチェット式ベルトとは?

普通のベルトと何が違うか?

普通のベルトですと、穴がいくつか空いていて、そこに金具を通すことにより固定するというのが一般的です。

このラチェット式ベルトには穴がなく、バックルにベルトを入れ、お好みの位置まで引っ張ればそこで固定されるというものです。

付け方 外し方

つけるときは、先程も紹介したように、バックルにベルトを通して引っぱていけばお好みの位置で固定できます。

外し方はバックルを持ち上げて、ベルトを引っ張れば外すことができます。

 

こちらのサイトでわかりやすく説明しています。

ラチェット式ベルトのメリット 良かった点

好きな位置で固定できる

穴空ベルトですと、穴の位置がある程度決まってしまっているため、買う際にサイズが合うかな?・・・と心配になってしまいます。最悪の場合は、ベルトを切って、自分のサイズに合わせるという応急処置も必要になってきます。

ラチェット式ベルトですと、好きな位置で固定できるため、買う前にサイズを気にすることがなくなります。

付け外しが楽

例えばトイレに行ったときや着替えのときに、まず穴から外してとり、つけるときも穴に金具を入れてという作業があります。金具がいい感じになっていないと、かなり手間になってしまう作業です。

その点、ラチェット式の場合は穴の位置も気にすることなく、同じ動作で付け外しできるのが気に入ってるポイントの一つです。

つけるときの音が気持ちいい

これは完全に個人の意見ですが、つける際に”カチャカチャカチャ”という音が出て、この音が好みの音なんです笑 これがいらないという方は、音無しのものもあるかと思います。

 

ラチェット式ベルトのデメリット

音がする

メリットの最後であげた音がすることについてはデメリットに感じてしまう場もあります。

トイレの個室で締める際に、隣の方にも聞こえてしまうため、気を使う場合もあります・・・

まとめ

今回は簡単にラチェット式ベルトについて紹介しました。

もし、穴空きベルトに少しでも不便さを感じているのでしたらこの機会に変更してみてはいかがでしょうか?

 

タイトルとURLをコピーしました