よろずメモへようこそ

数字遊び 知育にも 3のみを使う計算式

数学

今回は数字遊び第一弾、3のみを使った計算式をご紹介します。

考えると暇つぶしになったり、頭のトレーニングにもなります。

また小学生のお子さんがいましたら、出題してみるのも知育としてよいかもしれません。

3のみを使った計算式

今回ご紹介するのは3のみを使用していろんな解を出していくものです。

3 □ 3 □ 3 □ 3

ルール①

□の部分に(+ − ✕ ÷)のいずれかを入れて計算式を完成させます。

例えば、下記は0を答えにするための計算式です。

3−3+3−3=0

ルール②

()で途中で囲って計算の順序を変更するのはOKです。

例えば、下記の計算で和や積の順番を考慮して4の答えにする計算式ができます。

(3×3+3)÷3=4

 

このようにして0~10までを計算式で作ってみましょう。

 

0~10を導く例

参考にこのような式で0〜10の答えの式を作成できます。

もちろんバリエーションはたくさんありますので、見つけていくのも面白いと思います。

3−3+3−3=0

3−3+3÷3=1

3÷3+3÷3=2

3×3−3−3=3

(3×3+3)÷3=4

(3+3)÷3+3=5

3×3÷3+3=6

3÷3+3+3=7

3×3−3÷3=8

3×3+3−3=9

3×3+3÷3=10

 

まとめ

簡単な計算式でできるため子供も楽しく取り組めると思います。

他にも数学・算数・数字の面白いゲームや話など、どんどん紹介していけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました