主に、「お笑い」「ボードゲーム」「フリーランス」「プログラミング」「音楽」を更新しています。

7枚のトランプで行う心理戦「ミリオンダウト」が面白い!

ノージャンル
Youtubeのカプリティオチャンネルさんの動画が好きで、クイズ企画やウミガメのスープを楽しみにしています。 ある日、ミリオンダウトのプレー生配信をされているところを見たのがきっかけで「ミリオンダウト」というゲームアプリを知りました。 それからこのゲームの面白さに取り憑かれて、ほぼ毎日プレーするようになりました。 今回は「ミリオンダウト」の遊び方や面白い部分についてご紹介していきたいと思います。

ミリオンダウト

最初の手持ちが7枚から始まるトランプゲームで、知っている中では、最小のカード数でできるゲームです。 大富豪の要領でカードを出していきますが、ダウト(嘘つき)要素も加わることにより、究極の心理戦を行うことができます。 以前スカルというボードゲームを紹介しましたが、共通点として少ないカードだからこその絶妙な嘘の応酬が発揮されるゲームと思っています。
最高の心理戦が味わえるゲーム「スカル」
 

遊び方 (ルール)

準備

トランプをシャッフルしてプレイヤー1人に7枚ずつカードを配ります。 あとは大富豪の要領でカードを出していきますが、そこにダウト要素が含まれていきます。

カードの強さ

3が一番弱く、2が一番強い、ジョーカーは何にでも勝ちますし、他のカードとしてプレーすることもできます。 革命(4枚同じカードか4枚階段)が行われたときは、2が一番弱く、3が一番強い、ジョーカーは変わらず、何よりも強い存在のままとなります。
通常時 = 3<4<5<6<7<8<9<10<J<Q<K<1<2<Joker 革命後 = 2<1<K<Q<J<10<9<8<7<6<5<4<3<Joker

効果カード

効果カードは8とJのみで、効果をうまく利用することで、ゲームを有利にすすめることができます。 ・8(8切り)  8を含むカードを出した場合、またはダウト成功時に、その場のカードをすべて流して、自分のターンから再開することができます。 ・J(Jバック)  Jを含むカードを出した場合、またはダウト成功時に、カードの強さの関係が逆転します。強さが逆転しても、Jokerは変わらず一番強いカードのままです。

革命

4枚以上の同じカードもしくは階段を出した場合に適用されます(ダウトの有無に関係なく)。 カードの強さが反転します。2回行われれば強さはもとに戻ります。 ※上記(カードの強さの項目)に記載した強さの順です。

ダウト

これがこのゲームの肝となる要素です。 プレイヤーはカードを出す場合に任意の枚数裏側にして出しても良いです。 ただし、通常の大富豪同様、ペアの次はペア、3枚の次は3枚と、出す枚数を変えることはできません(表と裏の比率は変えても良い)。 裏側でカードが置かれた場合は次のプレイヤーはそのカードが嘘のカードかどうかを判断し、ダウト宣言をするかスルーして次のプレーに入ります。

ダウト宣言時

ダウト宣言した場合、カードを表にして、ダウト成功か失敗を判定します。 大富豪の流れ的にあっているカードを置いていた場合は、宣言側が失敗となりその場に置かれているカードを引き取らなければならず、逆においているカードが流れとの整合性がとれない場合はダウト宣言側が成功し、おいたプレイヤーがカードを引き取らなければいけません。 カードを渡すときは、成功した側が渡すものを選択して渡すことができます。渡さなかったカードは捨ててゲームから除外します。

勝利(終了)条件

カードがどちらかの手札からなくなり場が流れた瞬間カードをなくしているプレイヤーの勝利となります。 また、11枚以上の手持ちになってしまった場合も敗北となります。この勝利方法をバースト勝ちといいます。

プレー感想

嘘つき要素が加わるので、弱い手札でも勝てることもあり、とても面白いです。 ミリオンダウトアプリを取ってから飽きずにレートを上げていきました。 リアルでも友達と遊んでみましたら楽しくプレーできました。 更に磨きをかけて強くなっていきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました