主に、「お笑い」「ボードゲーム」「フリーランス」「プログラミング」「音楽」を更新しています。

「ドリーム・オン」夢をつないで高得点を目指す協力系ボードゲーム

ボードゲーム

DREAM ON 協力型ボードゲーム

発想力と記憶力が試される協力ボードゲーム「ドリーム・オン」をご紹介します。 簡単にできて、発想力が試されるフェイズも面白いし、思い出すフェイズも盛り上がります。  

コンポーネント 内容物

箱を開けると得点カードが3枚、夢カード156枚、砂時計、説明書が入っています。

遊び方

準備

得点カード3枚を場におきます。 夢カードをよくシャッフルします。 各プレイヤーに3枚ずつ配り手札として、残りを山札として場におきます。 ※2人プレーで取りやすいように山札を2つに分けています。

ゲームの流れ

まず山札から1枚夢カードを表にして場に出します。 1番手のプレイヤーを決めて、その方が最初のカードに続いて連想される夢を言ってカードを置きスタートします。 この時同時に砂時計をひっくり返します。この砂時計の砂が落ちきったらゲーム終了です。 連想していきながらどんどんカードを置いていきます。 1番目以外は順番はなく、連続で出していっても構いません。 砂時計が落ちきったら場にある夢カードをまとめて裏返します。 最後に出したプレイヤーがその山札を持ち、一番最初に出されたカードを思い出し、それを答えた後に1枚表向きにします。 この時の得点は下のいずれかに該当します。
2点:誰の力も借りずに当てることができた場合 1点:誰かが助言して答えた場合 -2点:間違えた場合(1にんで答えても助言があっても)
カードを全て置いたら、得点を数え得点ごとに説明書に書かれているテキストを読みゲーム終了です。

レビュー

遊んだ感想としましては、手札が3枚なので、なかなか出せずもどかしい場面もありますが、いい感じに連想してつなげていき高得点が出た時はメンバーと喜び合えるのがいいゲームです。 子供とも盛り上がれそうですし、友達同士で大勢で行っても楽しいと思います! 気になる方はぜひ買ってプレーしてみてください  
タイトルとURLをコピーしました