よろずメモへようこそ

アンジャッシュ児島さんの単独ライブ「タンピン」が面白い!!!

お笑い

こんにちはお笑い大好物マッティーです

今回はアンジャッシュの児島さんの単独ライブ「タンピン」をTSUTAYAで借りて見たら(数年前笑)、とてもおもしろかったので紹介します。

アンジャッシュ児島とは?

アンジャッシュはオンエアーバトル(5代目チャンピオン)やエンタの神様でブレイクしたコンビ芸人です。

児島さんはボケの立ち位置であり、名前を間違えられて「児島だよ!」って返すノリのやつでソロでもブレイクしました。

演技力も認められていてしばしばドラマにも出てきます。

麻雀もプロ試験に合格しており、プロ資格を持っている唯一?の芸人です。

単独ライブ「タンピン」の内容

先程紹介したように児島さんは麻雀が得意なため麻雀の「タンヤオ・ピンフ」の略「タンピン」とソロとしての「単品」をかけたライブ名にしたのかなと当時推測しました。

TSUTAYAのお笑いコーナーで何を借りようか迷っていたときに、児島さんのソロ単独ライブと目に入り、面白くなくてもしょうがないやと軽い気持ちで借りた「タンピン」が自分的にはヒットしました。

発売日は「2008/11/26」 収録時間は110分となっています。

Amazonのレビューを見ましても高評価を得ていますね。

どのコントも練られているなと感じることができ、途中のショート映像も面白かったです。

個人的に一番最後のコントが衝撃を受けました。

え。。。 ソロでこれを。。。 と思わされた内容です。

途中までで満足でしたが、最後のコントを見て、児島さん天才かよ!と感じました。

普段ポンコツのようにいじられていますが、さすが麻雀プロ。緻密に計算されたコントが多く、今まで渡部さんがネタほとんど作っているんだろうな〜と感じていましたが、児島さんも作っているのかも?と感じました。

 

そんなわけで大島さんの、あ いや児島さんのソロ単独ライブ「タンピン」おすすめです。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました