主に、「お笑い」「ボードゲーム」「フリーランス」「プログラミング」「音楽」を更新しています。

魚の骨が喉に刺さって2つ目の病院でとれた話

ノージャンル
こんにちは 最近はハウツーやボードゲーム、お笑いのことなどについて書いていましたがたまには体験談も記載したらよいかなと思いまして、過去の体験談を書かせていただきます。 同じ境遇にこれから会う方もいるかもしれませんので、お気をつけください。

なりゆき

これは高校生の頃(10数年前)のお話になります。 家族で寿司屋に行きました。当時、刺身が嫌いでお寿司屋さんに行ってもウナギかアナゴしか食べない青年でした。 いつもと同じようにうなぎorあなごを食べていました。 その時は特に異変などなくおいしく食べていました。 次の日くらいから、喉に異変が。。。 (あれ骨がささってる??) よく魚の骨がささって、ごはんを飲み込んだりして対処していましたが、気づかぬうちにささっていたため、対処していませんでした。 しかもウナギの寿司で。。。 こんなもんささるのかと思いつつ、まあすぐとれるだろうと放置。 1週間経っても取れる気配がなかったため病院に。

1つ目の病院で

まず病院にいくと、喉の中を確認されました。 「あるね~ でもとりづらいところにあるね。」とお医者さん。 なんでも、のどの良く動くところ?にあり、ピンセットでとるにも難しめのところとのことでした。 取るために、まず麻酔を喉にためる作業をしました。 この麻酔がとても気持ち悪かったことを覚えています。。。 麻酔が効いてきたあたりで、骨をとる作業に。 しかし、何回チャレンジしてもなかなか取れません。 ピンセットでとろうにも、ちょうど動いちゃってとれないとのこと。 これはどうにもできないと、次の病院の紹介を受け、向かうことに。

2つ目の病院で

先ほどより少し大きめの病院に到着。 着くと、イケメンのお医者さんがいまして、事情を説明。 喉から来い!と構えていた僕ですが、返ってきたものは予想していなかった方法でした。 鼻から機械をつっこんでそれで取っていきますね。 (鼻から!?) またもや麻酔をしますが、今回は鼻の中にシュッシュとスプレーをするのみでした。 こんなんで大丈夫なのか。。。と思いつつ、イケメン医者の言われるがままに、鼻から機械挿入! その機械はハイテクで、カメラでターゲットを追って、骨を抜く作業をお医者さんが操縦しながら行うというものでした。 先ほどの病院では何回もてこずりながらやっても駄目だったのが、なんと一発で骨が抜けて終了しました! イケメン医者に伝えると、「君の姿勢がよかったからだと思うよ」 ずきゅーーーーーん! となりましたね。 僕が女性だったら完璧に惚れていました。

最後に

ということで全体で5000円ほどかかり小さな小さな骨を抜くことができました。 小さい骨ごときに、5000円の出費、1週間違和感と格闘、気持ち悪い麻酔を貯める作業を行い、何回もピンセットで挑戦、鼻から機械と苦しめられました。 みなさんも魚を食べるときは骨に十分気を付けて食べましょうね。 と先ほど昼ご飯で魚を食べて骨がささったことによりこのエピソードを思い出した僕からのメッセージ ご清聴ありがとうございました。
タイトルとURLをコピーしました