主に、「お笑い」「ボードゲーム」「フリーランス」「プログラミング」「音楽」を更新しています。

「笑けずり」「芸人同棲」メンバーの大躍進

お笑い

NHKで放送されちた「笑けずり」とネット配信されていた「芸人同棲」が好きで、毎回かかさず見ていました。

当時見ていたときから時が経って、今や売れっ子になったメンバーが何人かいるので番組とともにご紹介します。

「笑けずり」とは

NHKで放送されたもので、シーズン2まで放送されました。

若手が選抜され、先輩芸人の指導→それを踏まえたネタ披露→その中から1組が落とされるを繰り返し、最後に残った3組で決勝を行うというものです。

先輩からのアドバイスがあったり、合宿での友情がはぐくまれ、敗者が立ち去る際に他のメンバーが寂しがるところがぐっとくる場面もあります。

以下Wikipediaより引用。

オーディションで選ばれ富士山麓は本栖湖畔のペンションに集められた若手お笑い芸人たちが、3週間のネタ作り合宿を行い、「日本一面白い無名芸人」を決めるドキュメンタリー風バラエティ番組。各話は参加者たちの共同生活、来訪する講師役の先輩芸人による「授業」と「課題」の発表、その課題に従ったネタを発表する「生き残りお笑いライブ」から成り、その結果によって1話ごとに1組が脱落して(削られて)、その時点でペンションから立ち去ることとなる。最後まで残った3組はシーズン最終回の双方向・生放送に出演し、視聴者投票で選ばれた優勝者にはNHK地上波放送での番組出演権が与えられる。

「芸人同棲」とは

MCはライセンス+女性一人(最後の方は菊地亜美)で構成されており、ピンの芸人が合宿を通して相方を見つけるというネット番組です。

全部で8回放送され、実際にコンビを番組内で組んだものもいますが、だいたいは解散してしまっています。。。

番組内で組んだコンビと番組外で組んだコンビの対決などもあり、毎回楽しみに見ていました。

躍進した芸人たち

それではそれぞれの番組から出世した芸人をピックアップしていきます。

笑けずりと、芸人同棲のパートに分けて、僕の視点から見た躍進を語らせていただきます。

笑けずり 第1シーズン

第1シーズンはこのメンツです。

いらんいらん – 合宿初日、参加者同士の記名投票により脱落
天然ピエロ – 合宿5日目の「生き残りお笑いライブ」にて脱落
アルドルフ – 合宿9日目の「生き残りお笑いライブ」にて脱落
ダイキリ – 合宿12日目の「生き残りお笑いライブ」にて脱落
こゝろ – 合宿16日目の「生き残りお笑いライブ」にて脱落
オレンジサンセット – 合宿18日目の「生き残りお笑いライブ」にて脱落
ぺこぱ – スタジオ・生放送の準決勝にて敗退
Aマッソ – スタジオ・生放送の決勝にて敗退
ザ・パーフェクト – 優勝

ザ・パーフェクト

まずは優勝したザ・パーフェクト。ボケを連発する漫才を売りにしていて、漫才も面白いし、ボケのハードパンチャー妹尾さんが岡山出身ということもあり、応援している芸人です。

M-1は準々決勝に3回残っていて、決勝進出にも期待しています。

Aマッソ

女性コンビで、見事2位を勝ち取りました。合宿中には、ザ・パーフェクトのツッコミ「ピンボケたろう」さんがAマッソの加納に恋に落ちるというシーンも流れていました(笑)

AマッソもM-1では敗者復活に2回出るなど、漫才に定評があります。ただある事件をきっかけに見かけることが少なくなった気が?。。。 YouTubeをしていますね。

ぺこぱ

言わずと知れたM-1 2019のファイナリスト。笑けずり時代はまだ、ボケツッコミが逆で、松陰寺さんのキャラを活かしたボケで残っていました。合宿中も松陰寺さんのお笑いに対する熱さを感じることができました。

時を経て、M-1予選で、ネタを見た時に衝撃を受けました!

そして、見事3位に入賞するという快挙を成し遂げ、2020年のブレイク芸人1位に輝きました。

ダイキリ

この名前にピンとこない方もいると思いますが、このダイキリのツッコミが後の「ひょっこりはん」となり大ブレイクを果たします。

しかし、笑けずりにおいては、黒歴史?ともなりうるツッコミをしてしまい、敗退してしまいました。合宿中も感じていましたが、コンビ仲があまりよくなく解散してしまいましたが、のちにひょっこりはんとしてブレイクします。

たまたま吉本無限大ホールの若手ライブに行った時に拝見して、「あれ、この人どこかで見たことある。。。 ダイキリのツッコミじゃね!?」と心の中で思ったのが的中し、その後子供の間で大ブレイクすることになる。

笑けずり 第二シーズン

第二シーズンはコントを中心にお笑い芸人が講師を務めて、進行していきました。

レイトブルーマー – 合宿4日目の「生き残りお笑いライブ」にて脱落(第2回放送)。
さくらエビ – 合宿7日目の「生き残りお笑いライブ」にて脱落
マンマーレ – 合宿10日目の「生き残りお笑いライブ」にて脱落
男性ブランコ – 合宿14日目の「生き残りお笑いライブ」にて脱落
ハナコ – 合宿20日目の「生き残りお笑いライブ」にて脱落
おべんとばこ – スタジオ生放送の準決勝にて敗退・第3位
オダウエダ – スタジオ生放送の決勝にて敗退・準優勝
マスオチョップ 優勝

ハナコ

まずなんといってもハナコですね!

キングオブコント優勝し、テレビに引っ張りだこのトリオです。

実は友人の友人で昔から応援したいたのですが、優勝の時はとても嬉しかったです!!

岡部さんの演技力、秋山さんのネタ作成・ツッコミ、菊田さんのポンコツでそれぞれの得意分野でテレビで活躍されています。

コントもYouTubeも面白く、今後も応援していきたいと思います。

男性ブランコ

躍進とまではまだ行っていないですが、M-1グランプリやキングオブコントでは準々決勝まで残り、吉本無限大ホールの上位であるファーストクラブにも在籍しています。

こちらもちょうど、若手の一番下のライブに行った時に、上京したての初めての挑戦をお目にかかることができ、その時の中でダントツに面白かったことを覚えています。見た目の地味さと裏腹にコントは一品ですので、ぜひチェックしてみてください。

芸人同棲

芸人同棲は8シーズンも行っているため、シーズンごとにざっくりとご紹介していきます。

「Go!皆川」 「ヤスタケ」 シーズン1

シーズン1に登場し、Go!皆川さんはコンビは組めず、ヤスタケさんはトリオを組むも解散しています。

GO!皆川さんは「ウンチョコチョコチョコピー」のギャグでブレイクし、ヤスタケさんはカジサックのカメラマンとして活躍しています。

「はぎちゃん」 シーズン3

元気の良さで良く注目されていたはぎちゃん。ガクトや有名芸能人との人脈があり、時々TVでお見掛けします。

「フレンドリー田崎」 シーズン4

コンビは組めませんでしたが、のちに「THE GREATEST HITS」というコンビを組み、小道具を活かしたコントで何回かTVでお見掛けしました。

また相方さんの三戸キャップさんは細かいモノマネがうまく、Twitterでは多くのいいねを獲得されています。

椎木ゆうた(世間知らズ) シーズン6

番組内では結成ならずでしたが、番組外で西田さん(女性)と世間知らズを結成しました。生でも見たことがありますが、漫才が面白いです。

最近ではABCお笑いグランプリの決勝にも残り、今後が期待の男女コンビです。

「おばたのお兄さん」「ひょっこりはん」「りんたろー。」豊作のシーズン8

シーズン8からブレイク芸人が多く出ました。

おばたのお兄さんは小栗旬のモノマネ&女子アナとの結婚でテレビに引っ張りだこになり、ひょっこりはんも子供からの絶大な人気を得て、りんたろー。さんはEXITを結成して、大ブレイクを果たしました。

もしかしたら番組内で組まなくて正解だったのかも?しれませんね。

まとめ

今回は好きだった2番組に出演した芸人のその後をご紹介しました。

昔を見ると、くすぶっていた芸人もチャンスを勝ち取り日の目を見るということを実感しました。

またほかの方も活躍されることを楽しみにしています!

タイトルとURLをコピーしました