よろずメモへようこそ

ゲームマーケット2019春に行ってきました

ボードゲーム

ゲームマーケットとはどんなイベントか、行ってみた感想などを書いていきます。

ゲームマーケットとは?

東京では1年に春と秋に西日本(大阪or神戸)では年に1回開催される、アナログゲーム(電源を必要としないゲーム)を中心としたイベントです。

公式サイト

 

出店数来場者数ともに、開催するごとに上昇傾向にあります。

公式サイト:参考ページ「過去の開催データ」

ボードゲーム好きなら外せないイベントとなっており、新作ゲームをチェックしたり、試遊スペースも店ごとに出しているため、1日ボードゲームを遊び尽くすことができます。

気に入ったゲームを買うこともできます。宅配スペースもあるため、ダンボール数箱を自宅に送るという猛者もいます。

また、子供用スペースもあるため、親子でボードゲームを楽しむこともできます。

ゲームマーケット感想

ゲームマーケットに行った感想を書いていきたいと思います。

ゲームマーケット2019春

人生3度目のゲームマーケットに行ってきました。

今回は妻も一緒に行ってくれたため、初めて一人ではないゲームマーケットでした。

今回の会場は東京ビックサイト青海でした。

到着したときには会場前に長蛇の列がありました。

 

出展者と来場者は入り口が異なります。

 

会場に入る前にチケット(1000円)を購入しました。

この入場パスがないと入ることはできません。

中は多くの人で盛り上がっていました。

今回は会場が2つにわかれていて連絡通路でA会場とB会場を行ったり来たりしながらブースを見て回りました。

会場内の店のマップがもらえますので、目的の場所にこれを見ながら向かいます。

ボドゲ漫画「さいころ倶楽部」

確か、声優さんイベントをこの日していました。

 

 

置き方がいいですね!

今回は3つゲームを買いました。

以前から気になっていた「白雪姫のアップルーレット」を購入しました。

今回はあまり、店や試遊の写真は取れていません。

妻が長距離の移動で大変そうでしたので、2時間ほどで切り上げました。

これから子育てが始まるので当分行けないと思いますが、いつか子供と行くのを楽しみにしていきたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました